署名・連帯してくださる方募集 【共同声明】私たちは正義記憶連帯に対する歪曲報道と誹謗中傷を許しません

日韓の学生たちが、尹美香さん・正義記憶連帯をめぐる一連の動きについて声明を出します。

現在学生である人、39歳以下の人が連名の対象とのことです。本日〆切のようです。ぜひ拡散をお願いいたします!

====================
*連帯してくださる方募集*【共同声明】私たちは正義記憶連帯に対する歪曲報道と誹謗中傷を許しません

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScmkE8ISnN3ZStHeB7GyeWPOSSYWBvRtR-tAijosekPplROMA/viewform?usp=send_form

(発表の前に若干の添削をする可能性があります)

こんにちは。私たちは正義記憶連帯を支持する日韓学生/若者の集いです。最近韓国では、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(旧韓国挺身隊問題解決協議会、以下正義連)の活動に関する根拠のない、粗探しのような報道が連日続いています。そういった報道の多くは正義連の後援金の使い道が不明確で、それを「慰安婦」被害者の支援ではなく活動家の給与、イベント開催費等、その他の経費で使用したと主張しています。正義連はすぐに「水曜デモで集めた募金は全てデモのために使っている」、「後援金の収入のうち、41%は被害者支援に充てている。」と明らかにしたにも関わらず、一部のメディアによる歪曲報道は正義連の活動全体に対する侮辱が連日続いています。

韓国と日本で国境と言語の壁を越えて日本軍「慰安婦」問題の解決のために努力してきた私たちは、正義連をめぐる憶測と非難が日本軍「慰安婦」運動30年の歴史を消してしまうのではないかと不安です。正義連は私たちを感化し、鼓舞し、模範となったからです。
私達は彼女らの後ろをついていかなければ日本軍「慰安婦」問題について知ることができませんでした。そのため、正義連が後援金を横領し、被害者に対する支援を疎かにしたというような憶測がまるで事実のように広がっている状況に対してこの声明を発表します。

ムーブメントの歴史に対する無知による歪曲を懸念しています。後援金を集めるために行われたイベントの支出項目が「居酒屋に一晩で使ったお金」とされてしまいました。活動の内訳はもちろんのこと、活動家たちの私生活まで一つ一つ公開しろという要求まで殺到しています。被害者を支援し、他国の戦時性暴力被害者達と連帯し、1400回を超える水曜日を「慰安婦」問題解決のために捧げてきた正義連の活動に少しでも耳を傾けたならば、このように事実が歪曲されることはなかっただろうと思います。まともな調査もせず、正義連の活動家たちの私益に後援金を使用したという報道が横行している現在の報道が正義連の活動の存在を脅かしていることに強く遺憾の意を表明します。
日本軍「慰安婦」問題を知った後にも、実際に行動に移していくことがなかなかできませんでした。韓国では私たちにいったい何ができるのかと悩み、日本では加害国の国民が前に出てもいいのかと怖かったです。しかし正義記憶連帯の数十年に渡る活動の歴史、戦争と女性の人権博物館でこの目に焼き付けた事実の数々、水曜デモで一つになり叫んだかけ声が私たちをここまで連れてきてくれました。私たちの活動の原動力が消えてしまわないよう、これからどんな歪曲や捏造があろうとも正義連を支持し、共にすることを誓います。

2020.5.14

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です