チラシ表面(ページ1,4)
チラシ中面(ページ2,3)

以下、チラシの内容を文字でも掲載しております。

ふぇみゼミによる「ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム自主ゼミナール」

About us ~ふぇみゼミのこと~

ジェンダーやフェミニズムについてもっと知りたいけど、そういう場がとても少ない。そんな疑問を持っていませんか? わたしたち、「ふぇみゼミ」は、ジェンダーやフェミニズムについて考え、実践してきた研究者たちの集まりです。

  1. 社会で生きる上での実践的な知識であるジェンダー・スタディーズを、大学の枠を超えて若い世代に伝えること。
  2. インターセクショナリティ(差別の複合性)をフェミニズムの中に取り入れた学びの場を作ること。
  3. 普段、ジェンダーやフェミニズムに触れる機会の少ない人たちに、学びの場を提供すること。

の3つを目的に、活動しています。
2018年度、きんとう基金より助成をいただいて、18歳~20代を主な対象に、「ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム自主ゼミナール」を開講します。
月に1回~2回、平日の夜か週末に、セクシュアリティ、エスニシティ、障害、経済階層などの要素とジェンダーをつなげる研究、運動、実践を行ってきた多様な講師を招き、ジェンダーと多様性について考える自主ゼミです。ぜひご参加ください。

 HP        https://femizemi.org/
 Twitter        @staff-femizemi
 Facebook    fb.me/femiseminar

お申込み・お問い合わせ
 ふぇみゼミ運営委員会 femizemi2017@gmail.com

How to join ~参加方法~

参加を希望される方は下記、参加登録フォームよりメールアドレスを登録してください。折り返し、ゼミの会場などの詳細、参加費の支払い方法をお伝えします。
【参加フォーム】https://goo.gl/forms/ulzwk519NlmYVDD32 (2018年度の募集は終了しました。)
ご不明の点は、femizemi2017@gmail.comまでお問い合わせください。

Intended audience ~参加対象

本ゼミは若い世代がのびのびと発言できる機会を確保するため、18歳から20代を主たる対象としています。ただし、ジェンダー初学者に限り、30代の方にもご参加いただけます。

Participation fee

資料代として、参加費をご負担いただきます。 ゼミは、継続によって積みあげていくものです。続けてご参加されやすいよう、継続参加者の方にはお得な回数券を用意しています。また、遠方の方、お仕事の都合で参加できない方には、期間限定インターネット配信で講義をご覧いただく配信チケットを用意しました。

  (1)1回券            1000円  (学生800円)
  (2)回数券(3回分) 2700円    (学生1800円)
  (3)回数券(6回分) 4500円    (学生3000円)
  (4)配信券(6回分) 2400円    (学生料金なし)
※春期に使い残した回数券は、秋期にもお使いいただけます。
※通常の回数券を購入された方は、参加できなかった回を映像配信にふりかえてご覧いただくこともできます。その際チケットを1枚消費します。
※4月25日のガイダンスは無料です。お気軽にお越しください。 

Schedule~予定~

  1. 4.25 wed 19:00
    公開無料ガイダンス @早稲田大学戸山キャンパス33号館702号室
    熱田敬子 飯野由里子 堅田香緒里 河庚希 梁・永山聡子
  2. 5.11 fri 19:00
    「わたし」からはじめるフェミニズム 熱田敬子
  3. 5.30 wed 19:00
    メディアの女性イメージ 堀あきこ
  4. 6.13 wed 19:00
    フェミニスト・ディスアビリティ研究とは何か? 飯野由里子
  5. 6.27 wed 19:00
    被害者の「声」が世界を変えた
    ー日本軍戦時性暴力被害支援と女性運動の成果と課題 梁・永山聡子
  6. 7. 4 wed 19:00
    SFにおける「Women of Color」の連帯(仮) 河庚希
  7. 7.22 sun 13:00
    「家事労働に賃金を」から「ベーシックインカム」へ   堅田香緒里
    終了後 End of the semester meeting

※ゼミの時間は全回共通、途中休憩を含む2時間を予定しています。
 最終回はゼミ終了後に参加者による振り返り会を行います。

秋期に担当予定の講師 (予定)
飯島裕子 磯野真穂 瀬戸徐映里奈 高柳聡子 朴金優綺 堀川修平
※秋期の曜日・時間は後日HP、SNSなどで広報の予定です。